STAFFBLOGスタッフブログ

2019.10.18

我々が行う設計監理について #戸建住宅 #店舗

まずはお施主様と打合せを行い、建築の目的,要望や予算等を確認します。

住宅の場合であれば家族構成やライフスタイル、具体的には「スタイリッシュな外装」「おしゃれな内装」「日光で明るい室内を」「プライバシー確保」「家族団らんに過ごせる」「心地良い空間」といった家への希望・要望を伺います。

 

次に建築予定地に関する調査を行います。隣接する道路や日照,周囲の建築物との距離,建築基準,景観等の条件を確認し、時には測定も行います。

 

お施主様と「家族がいつも集えるリビングを中央に配置」「個々のスペースも確保した住まい」等の設計コンセプトの合意が済んだら基本の設計に進みます。階層や面積、外観意匠、機能を決定。基本設計図(平面図、立面図等)を作成し、建築工事費概算を算出します。またパース(3D完成予想図)を作成する場合もあります。

 

基本設計に基づき実施設計を行います。詳細に検証を重ね、外観や内装,材質に関する意匠設計,耐震・荷重・風雨に耐える梁・柱の構造や材料を決定する構造設計,建物の機能を高めるための設備設計を行い、その後、図面を起こします。作業には2DCAD,3DCADを使用しています。

実施設計の完了次第、施工工事の業者を決めます。見積りの内容や技術力,信頼や実績等を考慮して選定し、依頼業者への施工条件・設計図の説明をします。

そして工事がスタートし、設計通りにきちんと施工が行われているか責任を持って監理します。

 

スタッフY